2018年5月6日日曜日

今年度第1回目の「福田川生物多様性確保プロジェクト」調査活動を行いました

本年度第1回目の「福田川生物多様性確保プロジェクト」調査活動を行いました。調査項目は、生き物調査と、水質検査です。



水質につきましては、これまでの傾向どおり、落合池・小川・コープ福田前・下流域の4か所のうち、落合池のCOD  = 35mg/lで断トツの悪い(高い)結果となりました。今回から、初めて、DO(溶存酸素量)の試薬を手に入れて、その場で手軽に測定できるようになりました。



生き物調査では、気温が高い割に季節がまだ5月初旬であることから、例年通り、夏から秋と比べると低調な捕獲結果でした。落合池北側では仕掛けたモンドリでも、たも網でも、ボウズでした。一方、中央部分では、多数のモツゴ、フナやウシガエルの足が出かけた巨大なオタマジャクシを捕獲。また、クサガメも2匹、カニカゴで捕獲しました。(クサガメは、アカミミガメの成体になる前と判断して、調査後須磨海浜水族園に持ち込んだところ、クサガメとの指摘がありました。勉強になりました)





落合池中央部分では、土砂の堆積がさらに進んでいるようで、水位が膝ぐらいの所もありました。中央部はかつて中島があり、動物が近寄りがたく野鳥の楽園の趣がありましたが、そうとは言えない環境になりました。そろそろ、昭和の落合池の改変後、最初のしゅんせつが望まれると思います。



小川では、もんどりの仕掛けを行わなかったこともあり、今回、カワムツとエビ、カワニナの捕獲にとどまりました。



コープ福田前では、アカミミガメの捕獲を狙ってカニカゴを3つ仕掛けましたが、そのうち2つは、ブリのアラのエサが空っぽに。ヌートリアの仕業を疑います。もう一つには、中型のアカミミガメが掛かっていました。




最後の、下流域では、4つのモンドリが全てボウズで、残念な結果に終わるかと思いきや、メンバーの中西さんが、たも網で岩間から体長25センチのウナギの大物を捕まえました。これまでの調査で最大級です。さらに成長して、天然ウナギの子孫を成してもらいたいものです。




福田川生物多様性確保プロジェクトは、今年度も、4回の調査を行います。次回は、7月29日(日)。立入りが制限されている落合池以外は、どなたでも、調査に参加頂けます。生き物や水質にご興味がある方は、ぜひ、福田川クリーンクラブ事務局までお気軽にご連絡ください。

なお、本プロジェクトは、昨年度までに引き続き、須磨海浜水族園の「スマスイ自然環境保全助成」によって、調査機材を購入させて頂いています。ここに、改めて感謝申し上げます。

2018年4月29日日曜日

クリーン活動に備えて、流域2箇所で草刈りを行いました

昨日、クラブの有志とともに、下流の川原橋から瑞穂公園に掛けての区間と、中流の福田小学校からコープ福田店に掛けての区間で半日掛けて草刈りを行いました。大きな吹流しのコイが気持ちよさそうに舞う川には、スッキリとした高水敷がふさわしいです。

7月14日(土)に、「垂水区海岸等一斉清掃」が行われ、福田川流域の高水敷にも、たくさんの市民や児童生徒が立ち入ります。草刈りで安全に、みなさんを川に迎え入れられます。


福田川の高水敷は、上流から流れてきた土砂や枯れた雑草が積もって、動植物が棲みやすい環境になっています。しかし、放っておくと人の背丈ほどにも伸びた雑草が、人の前に立ちはだかり、クリーン活動や自然観察の障害になります。また、生い茂った草木にゴミが引っかかってみっともない様子になります。


福田小学校前の区間は、長年、草刈りが行われず、恐らく管理の県の手も十分に入っていないと思われます。今年の1月に、クラブメンバーが本格的に草刈りを行ったところです。そのため、枯れた雑草が積もり、それを肥料にして新たな雑草が生い茂っていて、4月末にして、ジャングル状態になっていました。刈った雑草を一度、運び出すように、県にお願いすることにします。



2018年4月8日日曜日

真冬に逆戻りしたかのような天気のもと、川原橋地区のクリーン活動をしました


日陰に入ると寒さに震えるような陽気でした。それでも、川の中には、元気な魚たちが戻ってきました。ボラたちは悠々と泳ぎ、その合間をクサフグが胸びれをせわしなくはためかせながら泳いでいました。また、スズキの姿も見えました。





小潮の干潮近くで、水が引いていて、いつもは足を踏み入れられない河口付近にまで、行くことができました。




今月は、珍しく、大物のゴミが多いのに驚きました。業者が投棄したのに間違いない多数のポリバケツ、金網、何が入っているか良く分からないポリタンク、ビールケースに、釣りで使ったであろう折りたたみ椅子・・・

また、先日のまとまった雨で、側溝から流れ着いたと思われるたばこの吸い殻も、目立ちました。




クリーン活動が終わった川は、スッキリとしたたたずまい。これから、川の中だけではなく、高水敷も魚やカニで賑わうことでしょう。


2018年3月18日日曜日

20180317 平成29年度スマスイ自然環境保全助成成果報告会に参加しました

昨日は、須磨海浜水族園で、「平成29年度スマスイ自然環境保全助成成果報告会」があり、福田川クリーンクラブも「豊かな自然環境が残る都市河川福田川水系の生物多様性確保の取り組み」を報告しました。

地元の須磨区内で活動する団体を始め、西は岡山県、東は大阪府、南は徳島県、北は但馬の広範囲の我々を含めて12団体による、水辺の自然環境の貴重な記録や研究発表を聞かせて頂きました。


それぞれの地元を巻き込み、あるいは温かい目で地元の自然環境の変化を継続的に観察して、海、川、池、山の自然を守り育てています。活動の進め方や、ノウハウには、とても興味をそそられました。効率的な外来生物の捕獲・処分方法やそれに伴う生物相の変化の記録方法など、福田川クリーンクラブに教えていただきたいことも、数多くありました。


素晴らしい助成を継続いただいています、須磨海浜水族園さまには、深く感謝申し上げます。

以下、当クラブの成果報告資料を掲載致します。