2017年4月16日日曜日

カラッとした素晴らしい天気、でも川原橋は投棄ゴミでいっぱい

朝から気温がぐんぐん上がり、急に初夏のような陽気になりました。日差しも眩しいぐらいですが、カラッとして気持ちよい陽気のもと、川原橋地区のクリーン活動を行いました。


今日は、久しぶりに親子のメンバーも参加し、先月と比べて活気がありました。

川の中では、ボラが群れを成して悠々と泳ぎ、時に川面で飛び跳ねて遊んでいました。高水敷には、大きな穴があちこちに開いていて、モクズガニが顔を覗かせていました。また、ヘビ取りの名人が、立派なアオダイショウを捕まえました。雑草や蘆がこの1カ月の間に、だいぶん伸びました。ゴールデンウィーク頃には、エンジン音を響かせて、有志で草刈りを行いたいと思います。




一方、高水敷には、缶コーヒーの缶やスーパーのレジ袋に入った家庭ゴミが散乱。昨日、一昨日の雨を含んでぬれて重く、悪臭を放っていました。1時間で集めたゴミは、10袋分。

川の堤防の上から川の中をのぞき込み、「ご苦労様」と声を掛けて下さる方が何人もおられました。生き物にやさしい環境を守り、いつか、子ども達も楽しく安心して遊べるように、投棄を減らす啓発活動も必要です。






2017年4月2日日曜日

「神戸新聞」の「理科の散歩道」連載記事で、福田川や「福田川ウォーク」のことをご紹介頂きました

 本日、4月2日(日)の神戸新聞の「理科の散歩道」という連載記事に、福田川や「福田川ウォーク」のことをご紹介頂きました。ありがとうございます。



 執筆されたのは、北須磨高校の壷井先生で、先日、2月26日に開催しましたウォークにも参加されました。可愛いイラストも、同じ高校の先生の力作とのことです。
 福田川の全国の川の中でも一風変わった特徴や、水質の見方、生き物の様子やウォークの様子を分かりやすく説明頂いています。そして、「生物多様性の確保」という、私たちの取り組んでいる環境啓発活動のキーワードをご説明頂いています。
 春本番を迎え、これから福田川の中や河川敷は生き物で、急速にぎやかになってきます。私たちも、楽しい観察活動を、行っていきます。記事を読んで、福田川に興味を持たれたかたは、お気軽にご連絡ください。

2017年3月26日日曜日

平成28年度 スマスイ自然環境保全助成 成果報告会で報告しました


本日、神戸市立須磨海浜水族園で、平成28年度スマスイ自然環境保全助成の報告会があり、福田川クリーンクラブも水生生物の調査を中心に報告致しました。

本助成金には、2年前からお世話になっており、須磨海浜水族園様には感謝に堪えません。

今年度も調査機材や水質検査の試薬などの購入費用をご支援頂きました。また、初めて亀カゴを導入して、アカミミガメやスッポンを捕まえたり、福田川源流落合池付近の水質を、池のそのまた源流まで辿って念入りに検査。私たちは助成金のおかげで、思う存分、福田川流域の調査を実施することが出来ました。

「生き物や環境の様子を着実に記録してほしい」との助成金の狙いは、何とか果たせたのではないかと思います。

私たちの他に9つのプロジェクトテーマの報告がありました。どれも、私たちの報告よりも専門的であったり、実施内容が練られたものでした。アマチュアの土日市民活動団体といえども、しっかりした調査結果を残さねば、と背筋をピンと伸ばした半日でした。


































2017年3月19日日曜日

連休のはざまで、少ない人数で多くのゴミを集めました


今日は三連休のはざま。行楽や年度末の休日出勤で来られない方があり、これまでの川原橋地区のクリーン活動では最も少ない3人で、たくさんのゴミを拾い集めました。






気温や日差しからは、春が近づいていることを感じさせられます。しかし、まだ、河原の草木は眠ったままで、生き物も全く見られません。そんな中で、小動物の住みかと思われる穴を発見しました。穴にトングを押し入れると、2〜30㎝はすっと入っていき、何か飛び出てくるのではないかとドキドキしましたが、反応はありませんでした。一体どんな生き物が隠れているのでしょうか。




今日の活動で目立ったのが、袋に入れられた家庭からと思われる投棄ゴミ。収集日までゴミと同居するのが我慢できないのでしょうか。

また、堤防の向う側で喫煙所と化しているのでしょう。何十本ものたばこのフィルターが、高水敷の枯れた葦の根本に散らばっていました。火ばさみでも、軍手をした指でも、取り切れません。

3人で左岸、右岸のそれぞれ800メートルほどを歩くと、一人1回では抱えきれないほどのゴミが集まりました。


来月の川原橋地区のクリーン活動は、第3週目の日曜日、4月16日の9時からです。一人でも多くの方に、河原に入って福田川の良いところも、悪いところも知って頂きたいです。皆様のご参加をお待ちしています。


2017年2月19日日曜日

早春の爽やかな日差しのもと、川原橋地区のクリーン活動を行いました

先月のみぞれ交じりで洗濯したノボリを忘れてきてしまいました

今日は第3日曜日で、川原橋地区のクリーン活動の日です。山の単独キャンプから帰り道に立ち寄ったというメンバーや、わが家の三人娘も久しぶりに勢揃いして、1時間あまり、両岸に分れてゴミ回収を行いました。開始時刻の9時頃は肌寒かったですが、強い日差しを浴びて気温が上がり、終り頃には、野外活動には丁度良いあんばいになりました。






年末年始の草刈りのおかげで、ゴミが見えやすかったこともありますが、水を含んて重たいゴミが、いつもの月に増して、大量に集まりました。明らかな家庭ゴミの袋、焼酎のプラスチックの空瓶、缶コーヒーの空缶が目立ちました。道路の側溝から川の高水敷に流れ着いたと思われるたばこの吸い殻も、多数。一本一本が、魚の命を救い、安全な垂水の魚を食べられることにもつながるのだと思いつつ、丹念に拾い集めました。



まだ、川の中に魚の姿は見えず、高水敷も生き物の姿はありませんでした。来月あたりには、少し賑やかになるのではと期待しましょう。

掃除が終わった帰り道、抜けるような青空にわたがしが浮かんでいるのを見つけました。