2017年5月21日日曜日

福田川の下流にわき水を活かしてビオトープができたら良いなあ… で、実験で作ってみました

福田川下流は、瑞ヶ丘、清水通、泉が丘、瑞穂通と水にちなんだ地名が多いです。実際に、川の両岸にはいつも、絶えることがなくきれいなわき水がが流れこんでいます。でも、この水は、川の中に流れこむだけです。

この水を高水敷に溜めることができれば、素敵な自然のビオトープができるはず。

クラブの水処理専門家のメンバー・川本さんが、実験をしてくださいましたので、紹介します。








程よい陽気のもと、川原橋のクリーン活動を行いました



 今日は第3日曜日で、川原橋地区のクリーン活動の日です。薄曇りでカラッとした陽気のもと、ゴミ集めを行いました。
 高水敷の草木が生い茂っていたところは、ゴールデンウィークに草刈りを行いました。その後半月以上経ち、刈った雑草を栄養にして、また、ぐんぐん伸びてきています。今度、7月15日には、垂水区の海岸・河川の一斉清掃が計画されています。たくさんの子どもさんたちや市民が立ち入るので、その頃までには、また大規模な草刈りが必要だと感じました。
 今日は、高水敷に引っ掛る草が少なくなっているからか、犬のフンは目立たず、びんかんペットボトルが比較的多かったです。河口の葦にはゴミがたくさん溜まっていて、全部で9袋になりました。







 高水敷では、生き物の活動が活発になってきていて、砂地には、幾筋ものモクズガニの足跡が残っていました。小さなカエルも、何匹もいました。




 高丸からの豊かで絶えることがない清水を高水敷に導水するクラブの試みが続いています。緩やかな流れがあるぬかるみが高水敷にできていて、小さな生き物がたくさん住みついていそうです。今度、ゆっくりと観察をしたいと思います。



 水道橋の高架下には、そんな生きものたちの写真を、クラブのメンバーが掲示板で、道行く人々に紹介しています。川の中は、案外面白いです。多くの市民に関心を持って頂きたいです。



2017年4月16日日曜日

カラッとした素晴らしい天気、でも川原橋は投棄ゴミでいっぱい

朝から気温がぐんぐん上がり、急に初夏のような陽気になりました。日差しも眩しいぐらいですが、カラッとして気持ちよい陽気のもと、川原橋地区のクリーン活動を行いました。


今日は、久しぶりに親子のメンバーも参加し、先月と比べて活気がありました。

川の中では、ボラが群れを成して悠々と泳ぎ、時に川面で飛び跳ねて遊んでいました。高水敷には、大きな穴があちこちに開いていて、モクズガニが顔を覗かせていました。また、ヘビ取りの名人が、立派なアオダイショウを捕まえました。雑草や蘆がこの1カ月の間に、だいぶん伸びました。ゴールデンウィーク頃には、エンジン音を響かせて、有志で草刈りを行いたいと思います。




一方、高水敷には、缶コーヒーの缶やスーパーのレジ袋に入った家庭ゴミが散乱。昨日、一昨日の雨を含んでぬれて重く、悪臭を放っていました。1時間で集めたゴミは、10袋分。

川の堤防の上から川の中をのぞき込み、「ご苦労様」と声を掛けて下さる方が何人もおられました。生き物にやさしい環境を守り、いつか、子ども達も楽しく安心して遊べるように、投棄を減らす啓発活動も必要です。






2017年4月2日日曜日

「神戸新聞」の「理科の散歩道」連載記事で、福田川や「福田川ウォーク」のことをご紹介頂きました

 本日、4月2日(日)の神戸新聞の「理科の散歩道」という連載記事に、福田川や「福田川ウォーク」のことをご紹介頂きました。ありがとうございます。



 執筆されたのは、北須磨高校の壷井先生で、先日、2月26日に開催しましたウォークにも参加されました。可愛いイラストも、同じ高校の先生の力作とのことです。
 福田川の全国の川の中でも一風変わった特徴や、水質の見方、生き物の様子やウォークの様子を分かりやすく説明頂いています。そして、「生物多様性の確保」という、私たちの取り組んでいる環境啓発活動のキーワードをご説明頂いています。
 春本番を迎え、これから福田川の中や河川敷は生き物で、急速にぎやかになってきます。私たちも、楽しい観察活動を、行っていきます。記事を読んで、福田川に興味を持たれたかたは、お気軽にご連絡ください。

2017年3月26日日曜日

平成28年度 スマスイ自然環境保全助成 成果報告会で報告しました


本日、神戸市立須磨海浜水族園で、平成28年度スマスイ自然環境保全助成の報告会があり、福田川クリーンクラブも水生生物の調査を中心に報告致しました。

本助成金には、2年前からお世話になっており、須磨海浜水族園様には感謝に堪えません。

今年度も調査機材や水質検査の試薬などの購入費用をご支援頂きました。また、初めて亀カゴを導入して、アカミミガメやスッポンを捕まえたり、福田川源流落合池付近の水質を、池のそのまた源流まで辿って念入りに検査。私たちは助成金のおかげで、思う存分、福田川流域の調査を実施することが出来ました。

「生き物や環境の様子を着実に記録してほしい」との助成金の狙いは、何とか果たせたのではないかと思います。

私たちの他に9つのプロジェクトテーマの報告がありました。どれも、私たちの報告よりも専門的であったり、実施内容が練られたものでした。アマチュアの土日市民活動団体といえども、しっかりした調査結果を残さねば、と背筋をピンと伸ばした半日でした。